うつ病の方の復職・再就職支援の株式会社リヴァが運営する復職支援施設【オムソーリ】のサイトです。

03-5985-4423
医療関係者様はこちら
法人担当者様はこちら

TOPへ

疾病理解・ストレス対処

ストレスや疾病の症状に対する対処方法を心理学的アプローチに基づき、学び実践していきます。グループで取り組むことで他者との比較ができ、より自分自身への理解が深まります。
また他者の取り組みからヒントを得て、自分なりの対処方法を構築していきます。
(例)集団認知行動療法、自己分析、疾病理解、など

他の人のエピソードを聞けて、同じ疾病でも対処は様々であることを学べた。参加者と意見を出し合いながら、考えていくことが出来たので、ひとりで本やネットだけでは気づけなかったであろうことに沢山気づけた。

生活リズム

決まった時間に通所をすることで、自宅にいるだけでは乱れがちな生活リズムを整えます。また、生活の基本となる「食事」「運動」「睡眠」に目を向け、自身の課題に合わせてプログラムに取り組みます。
(例)・1時間のウォーキング後、健康への取り組みを話し合うプログラム
  ・ソフトバレーなどの球技

農作業など自然の中で身体を動かすことはリフレッシュになり、適度に疲れて心地がいい。寝つきがよくなったし、深く眠れるようになり生活リズムの安定に役立った。

実践スキル

企業研修で活用されるプログラムを実施。
仕事上と同じように限られた時間で結論を出す必要があり、葛藤が生まれやすくストレスがかかります。
そのストレスに対し、他のプログラムで学んだ対処法をより実践に近い状況で試し、
更なる気づきを得る事のできる場です。
(「まず参加」から「進行担当」まで、各々で負荷の設定可)

通い始めのころは「一度は発言をする」、復職間近では「進行役として全体をまとめる」など、回復状況に合わせて目標を設定し挑戦することができたのが良かった。

キャリア

「復職」への準備を整えるためのプログラムです。
仕事に対してどんな価値観を持っているのか、
5年後のありたい未来に向けて「復職」がどんな一歩になるか等、
参加メンバーと共に考えや想いを探求しながら、
「復職」の意義や、働くうえで大切な思考や行動を整理します。

受ける前は「早く体調を整えて戻らないと」と「義務感・焦り」が強かったが、このプログラムで改めて復職の意味を考えて、納得感を持って復職することができた。


通所イメージ 復帰者インタビュー 復帰後フォロー