小児の訪問看護・訪問リハビリ

オムソーリの育児支援(小児の訪問看護・訪問リハビリ)

障害や病気でお困りのお子様の看護・リハビリテーションを実施しています。

わかちあい」の心を持つ、経験豊富な看護師、療法士がおひとりおひとりのご状況に合わせた質の高いケアをかかりつけ医師等と連携しながら提供します。

オムソーリの育児支援(訪問看護・訪問リハビリ)でできること

医療保険を利用して、障害や病気でお困りのお子様の看護・リハビリテーションを実施しています。

また、自費になりますが、育児にお悩みの家族への支援も可能です。

小児の訪問看護・リハビリでできること

看護師による訪問看護

  • 医療的ケア
    全身状態の観察
    呼吸器・経管栄養・在宅酸素・吸引等の管理
  • 日常生活支援
    清潔援助
    在宅移行の支援
  • 育児相談
    ご家族の精神的なフォロー
    主治医や他職種との連携や調整

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)による訪問リハビリ

  • 発達の悩み相談
    お子さんの成長・発達に合わせた遊び方の指導や生活の場に合わせた環境調整
  • 療育相談
    病院や療育センターなどと連携しての発達のフォロー

 

ご対象となる方

ご自宅で療養されている0歳〜のお子様。または今後ご自宅退院予定のお子様の小児の訪問看護を対象としております。

サービス開始に関わらず、事前の訪問も可能です。まずはお気軽にお電話ください。

医療ケア児を抱えている家庭への支援

医療的ケアの必要な児童が普通校で学ぶ事例が増えています。
その生徒が安心して教育を受けるために看護師等が付き添いが必要です。

府中市においては医療ケア児が50名を超えており、
人口規模による全国平均40名より多くの医療ケア児が生活しています。

現在、府中市において、
医療ケアが必要な児童がいる家庭は、個人で看護師を探し出す必要があり、
看護師は学校と個人契約を締結することで学校での付き添い看護をすることになります。

そのため、ご家庭で学校への付き添いを探すことは大きな負担となっている現実があります。
また、看護師自身も個人契約となる為、社会保険への加入ができなくなったり、現在の職場を退職することになるため、
躊躇してしまうこともあると思います。

オムソーリでは、医療ケア児の学校への付き添いをしている看護師も複数名活躍をしています。
オムソーリに所属することで、学校への付き添いをしながらでも訪問看護師としてのキャリアを形成でき
労働時間を調整することで、社会保険に加入することもでるよな環境を整えています。

もし、学校への付き添いを依頼されて悩んでいる看護師の方がいましたら、オムソーリにご相談ください。