精神科の訪問看護

統合失調症・うつ病など精神疾患のある方が、家庭や地域の中で治療を継続しながら、
安心して「その人らしい生活」を続けることができるよう、
定期的に訪問し、様々な相談、アドバイスなどを行い、自己決定を支援しています。

2020年9月より4名の看護師が精神科訪問看護を行うことが可能です。

  • 信頼関係の構築
    →傾聴、利用者のペースを尊重
  • 日常生活の支援
    →精神・身体症状の観察、服薬の支援、生活リズムの構築支援、家族への支援
  • 家事能力、社会技能等の獲得
    →買い物など家事動作、屋外活動訓練
  • 対人関係の改善(家族を含む)
    →利用者に合わせた支援、社会技能訓練
  • 社会資源の活用の支援
    →役所の手続き等の支援、復学・復職支援

精神科の訪問リハビリ

精神疾患のある方を対象に、作業療法士(OT)によるリハビリテーションが可能です。
お身体の状態や、日常生活で困っていることを把握し、その人に合わせてリハビリテーションを行っております。

また身体障害の既往歴がある場合にも、リラクゼーションや適度な運動など身体機能訓練を実施し、安心して生活が送れるよう支援しております。

2020年9月より3名の作業療法士が精神科訪問リハビリを実施可能です。

オムソーリの精神科の訪問看護・リハビリの内容

看護師、作業療法士が連携し、利用者様の再発予防、生活支援を行っています。
また身体障害の既往歴がある場合にも、リラクゼーションや身体機能訓練を実施し、安心して生活が送れるよう支援しております。

事例:統合失調症Aさん

本人の希望に沿って、買い物や全身のトレーニングを実施。その中で1週間の出来事や、困ったことを聴取し、問題に直面したときの対応・対処の仕方を振り返りしています。

また仕事などの社会参加に向けて、他者との関わり、時間や金銭面などの自己管理が行えているのかを評価します。

今後の方向性に向け、前向きに物事が進むようアドバイスなどをしていき、心身面へのリハビリを実施しています。